企業のCEO(最高経営責任者)は、デジタルビジネスの世界に飛び込むべきだとようやく確信するに至った。CIO(最高情報責任者)がこれまで役員会でデジタルビジネスのプロトタイプを披露するなどしてCEOを説得した結果、CEOはデジタルファーストの考え方を持ち、デジタルビジネスについて向こう3年間を見据えた野心的な目標を描くようになった。CEOの説得に成功したCIOには、デジタルビジネスで企業を成長させるという大きな仕事が待ち構えている―。

ここからは有料会員の登録が必要です。