大規模なサイバー攻撃に伴う情報漏洩事件が続いています。最近ではJavaのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」の脆弱性を突く攻撃が世界的に流行し、日本でも2017年春以降に被害報告が相次いでいます。猛威を振るったランサムウエア「WannaCry」は、米当局から情報が漏れたのがきっかけで登場しました。加えて社員による内部犯行もあります。企業の情報漏洩対策について読者に聞きました。

ここからは有料会員の登録が必要です。