安いながら通信できる距離は長い。スペック値では基地局を中心に半径数キロ~数十キロメートルの範囲で通信できる。IoT機器が様々な場所に点在する場合も、Bluetoothや無線LANに比べ少ない基地局で効率よくカバーすることが可能だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。