日本IBMは2017年9月13日、大型メインフレームの新機種「z14」の出荷を始める。現行機種「z13」から2年ぶりの新製品を7月18日に発表した。暗号化機能などセキュリティ面を大幅に強化したのが特徴だ。専用OSの新版「z/OS V2.3」も9月中に出荷する計画。サイバー攻撃対策を急ぐ企業の需要を取り込み、需要減の逆風に挑む。

ここからは有料会員の登録が必要です。