日本IBMが超高速開発ツール分野に参入した。製品群「Watsonを活用した次世代超高速開発」を2017年4月24日に発表。後発組の同社が差異化ポイントとして打ち出したのは、人工知能(AI)システム「Watson」だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。