満員電車や大渋滞など様々な「ピーク」が快適な生活を妨げている。だが、低成長、人口減に直面する日本ではピーク解消に向けて、設備や人員、情報システムを増やすのは非合理的。取るべき手はIT活用でピークを無くす、あるいは抑える「ピークカット」だ。顧客、企業、社会のいずれにもよい「三方よし」のピークカットの方策を示す。