事業拡大する米アマゾン・ドット・コムの攻勢を受けて、同社に客を奪われた企業の業績が落ち込む現象を「アマゾン・エフェクト」と呼ぶ。AIやIoTなどを駆使するディスラプター(破壊者)に突き動かされる形で、シャープや三菱UFJフィナンシャル・グループ、コマツなどが新たな事業に乗り出した。日本勢に勝ち目はあるのか。