商品やサービスをいくらで売れば最ももうかるのかを計算し、需給に応じて価格を変幻自在に操る動きが出てきた。主役はAI(人工知能)だ。売れ切れによる機会損失と過剰在庫によるロスを減らせれば、企業は収益を劇的に増やせる。全ての企業にとって永遠の課題と言える「値付け」の最前線に迫る。