図解の国内第一人者である木村博之氏がまとめ上げた「3つの究極セオリー」を身に付けることで、システム化の企画書、提案書、仕様書を分かりやすく訴求力のあるものにすることができます。