TOPSoftware > AIと機械学習で変わるCIOの役割(前)

Software

AIと機械学習で変わるCIOの役割(前)

2017/11/07

Zeus Kerravala CIO

 機械学習と人工知能(AI)によって、世の中はかつてないスピードで変わりつつある。自動運転車、自然言語処理、チェスの名人と勝負できるコンピューターを人々が手にする日も近い。だが、機械学習やAIは広まっているものの、企業のITに巨大なインパクトをもたらすところまでは至っていない。

 ITサービスマネジメントを手がける米ServiceNowは、企業のITでAIがどのような状況にあるかを調べるために、世界11カ国で25業種の企業の最高情報責任者(CIO)500人以上を対象とした調査を実施し、その結果を「The Global CIO Point of View」にまとめ、報告した。調査結果のデータとその意味について理解するために、ServiceNowの最高イノベーション責任者、Dave Wright氏にインタビューした。

CIOの役割はどのように変わったか。

 現在のCIOに課せられている課題は、わずか数年前と比べても著しく違う。少し前までは、CIOの任務は、自社の技術インフラを維持することだった。しかし、現在のCIOは、経営陣のパートナーという立場にあり、自社が業界をリードするためにテクノロジーをどのように活用すればよいかを探る任務が課せられている。例えば、社員のスキルの拡充、ビジネスプロセスの再設計、デジタルトランスフォーメーションの促進などが該当する。

↑ページ先頭へ