TOPSoftware > 履歴書を自動選別するシステム、攻略の鍵は(前)

Software

履歴書を自動選別するシステム、攻略の鍵は(前)

2018/05/15

Terena Bell CIO

 採用活動の中で、応募者の選別にApplicant Tracking System(ATS)を利用している企業は40%近くに及ぶ。だが、「Tracking System(追跡システム)」という名前にだまされないでおこう。ATSは、応募から採用に至るプロセスの中で志願者が現在どの段階にいるかを追跡するためのシステムではない。有望な志願者とそれ以外とを自動で振り分けて、企業の担当者が費やす時間を節約するためのシステムである。

 しかも、ATSの選別基準は、履歴書に書かれている情報が持つ意味や中身ではなく、履歴書の表面的な記述だ。その結果、「大半の企業では、担当者が誰も目にしたことのない履歴書が、データベースの中に膨大に眠っている」。そう話すのは、人事コンサルティング企業Bersin by Deloitteのプリンシパル、Josh Bersin氏だ。実に75%が、人間の目に触れないままとなっている。

↑ページ先頭へ