TOPアプリ/OS > グラフデータベースの基礎知識(上)

アプリ/OS

グラフデータベースの基礎知識(上)

2018/04/09

Serdar Yegulalp InfoWorld

 今回の記事では、グラフデータベースとは何なのか、他のデータベースとどう違うのか、データに関するどのような問題を解決するためのものなのかを見ていくことにしよう。

Credit: Thinkstock

 キーバリュー、ドキュメント指向、カラムファミリー、グラフ、リレーショナルなど、今やデータベースの種類は、データの種類と同じ数だけあるように思える。こうなると、データベース選びが難しく感じられるかもしれないが、的確なデータベース選びはむしろ容易になる。もちろんそのためには予習が必要だ。つまり、データベースの選択肢について理解しておかなければならない。

 数ある中でも、特に理解されていないデータベースの種類の1つがグラフデータベースだ。密接に関連し合ったデータを扱うためのデータベースで、関係性の強さはリレーショナルデータベース以上と言ってもよいかもしれない。グラフデータベースが輝きを放つのは、巨大に絡み合った情報の中から、複雑な関係を導き出す時だ。

 今回の記事では、グラフデータベースとは何なのか、他のデータベースとどう違うのか、データに関するどのような問題を解決するためのものなのかを見ていくことにしよう。

↑ページ先頭へ