TOPアプリ/OS > 現在もニーズがある旧来のプログラミングスキル9選(上)

アプリ/OS

現在もニーズがある旧来のプログラミングスキル9選(上)

2018/01/15

Sarah K. White CIO

 Computerworldは、企業のIT幹部196人を対象とした調査で、レガシープラットフォームについて尋ねた。現在も利用し、人材を雇っているレガシープラットフォームは何かという質問だ。今回の記事では、その回答で挙がった9種類のプラットフォームや言語を紹介する。

 米Gartnerによると、スキルギャップが拡大する中で、ベビーブーム世代が引退を迎えることで、企業は新たな課題に直面している。古い技術を刷新するのか、それとも、消えつつあるスキルを持つ人材を採用するのか。そのような選択を企業が迫られる中で、旧来のスキルに対する新たなニーズも生じている。古い技術の刷新にはかなりのリソースが必要になることがある。ベテランの社員が続々と退職時期を迎える中、今では旧式と見られるスキルを持つ人材が足りないと判断する企業があってもおかしくない。

 Computerworldは、企業のIT幹部196人を対象とした調査で、レガシープラットフォームについて尋ねた。現在も利用し、人材を雇っているレガシープラットフォームは何かという質問だ。調査結果では、「なし」との回答が65%だったものの、残りの35%は重要なレガシーシステムを維持するために、旧来のプログラミングスキルを持つ人材を引き続き欲している。今回の記事では、その回答で挙がった9種類のプラットフォームや言語を紹介する。この9つのスキルをこれからわざわざ身に付ける必要はないかもしれないが、実際に経験を持つ人であれば、そのスキルを求めている働き口にぴったりの候補者になれるかもしれない。

↑ページ先頭へ