TOPセキュリティ > Googleの会話AI「Duplex」、専門家が倫理上の懸念...

セキュリティ

Googleの会話AI「Duplex」、専門家が倫理上の懸念を指摘

2018/05/15

Byron Connolly CIO

 米Googleが先日発表した会話AI「Google Duplex」について、豪ニューサウスウェールズ大学の教授でAIを専門とするHussein Abbass氏は、この技術がもたらす倫理上の懸念を指摘し、自らがロボットであることを明らかにすべきだと主張している。

Credit: Google

 Abbass教授の見解を紹介する記事は、ニューサウスウェールズ大学のサイトに2018年5月11日に掲載された。同教授は、Duplexのデモが面白いものであったとしつつも、重要な問いを提起した。すなわち、相手側である人間に、機械との会話であることを知る権利はないのかという問いだ。

 Duplexは、Googleがかねてから開発を進めていた会話AI技術だ。先日の開発者イベント「Google I/O」で同社のSundar Pichai氏が披露したデモは、Duplexが美容院に電話をかけ、人間の店員を相手に、カットの予約を入れるというものだった。

↑ページ先頭へ