TOPアプリ/OS > Microsoft、Windows Analyticsを活用...

アプリ/OS

Microsoft、Windows Analyticsを活用する解説書のドラフト版を公開

2018/04/12

Gregg Keizer Computerworld

 同文書によると、Windows Analyticsのデータは「Azure Log Analytics」に格納されている。したがって、APIを利用するうえでは、Windows Analyticsのデータスキーマに関する知識と、Azure Log Analyticsからそのデータにアクセスする方法についての理解が必要となる。

 なお、文書のただし書きによれば、現時点で独自のレポートやアラートを作成したり、Windows Analyticsのデータを他のデータと統合したりしたとしても、いずれ作業のやり直しが必要になる。「互換性に影響する変更を来年導入することから、このデータスキーマは修正となることが考えられる。したがって、作成したクエリはその時点で移植が必要になる」とのことだ。

 Windows Analytics Extensibilityのドラフト版は、こちらのページで閲覧可能だ。ページの右下にある青色のアイコンをクリックすると、Microsoft Word形式でダウンロードできる。

 またMicrosoftは、Windows AnalyticsについてのFAQとトラブルシューティングを統合して改訂した長い記事を、「Windows IT Pro Center」のサイトに掲載した。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ