TOPアプリ/OS > Microsoft、ARM版Windows 10で64ビット...

アプリ/OS

Microsoft、ARM版Windows 10で64ビットアプリのサポートを準備中

2018/04/10

Mark Hachman PCWorld

 省電力性に優れた米QualcommのARMプロセッサ「Snapdragon」を搭載したWindows 10パソコンが登場しつつある。しかし、いくつかある主な制約の中でも、既存の64ビットアプリを動かせないという点は、すぐには解消しそうにない。

Credit: Mark Hachman / IDG

 米Microsoftの担当者によれば、2018年5月初めに開催する開発者カンファレンス「Build」で、64ビットアプリを開発するための「ARM64 SDK」のプレビュー版について詳しい情報を発表するとのことだ。このSDKのプレビュー版および正式版のリリース時期や、同SDKに基づくアプリがエンドユーザーに提供される時期は明らかにしていない。

 Microsoftの担当者の声明には次のようにある。「ARM64 SDKのプレビュー版の詳細についてはBuildで発表することになる。通常、64ビット専用のアプリケーションは、パフォーマンス上の理由から、ネイティブに動作させる方がよい。そこで当社は、該当するデバイス向けのネイティブアプリケーションを開発者が作成できるよう、エンジニアリングのリソースをネイティブなARM64 SDKに集中的に投じることを決めた」

 Microsoftの今回の動きは、ARM版Windows 10が抱える制約の1つに対処するものだ。ただし、その成果がユーザーに届くまでには、多少の時間が必要となる。開発者は、ARMプロセッサ搭載で丸1日近く動くWindowsパソコンというビジョンに賛同するのかどうかを決めなくてはならない。

↑ページ先頭へ