TOPセキュリティ > IntelがSpectre対策の修正版をリリース、Skyla...

セキュリティ

IntelがSpectre対策の修正版をリリース、Skylakeシステム向け

2018/02/13

Mark Hachman PCWorld

 Intelは、今後登場するプロセッサについて、設計自体の変更で両脆弱性の影響を排除する方向で取り組んでいる(AMDも同様)。一方、既存のパソコンでは、パッチを導入することで処理速度が落ちるという問題が生じており、業界は対応を余儀なくされている。PCWorldでは、MeltdownとSpectreに関するFAQの記事を随時更新し、最新情報を反映しているので、ぜひ参考にしてほしい。

 修正版パッチのリリースを受けて、ユーザーが取るべき行動は、実際にパッチを適用することだ。今回のブログ記事で、Shenoy上級副社長は的を射た説明をしている。「最終的に、今回のアップデートは、OEMのファームウエアアップデートとして提供されるケースが多い。すべての人がシステムを常に最新の状態にしておくことがいかに重要かは、どれだけ強調しても十分ではない。調査結果によると、アップデートが提供されてから、人々が実際にそのアップデートを導入するまでには、かなりのタイムラグがある。現在の環境においては、これは変わらなくてはならない」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ