TOPセキュリティ > IntelがSpectre対策の修正版をリリース、Skyla...

セキュリティ

IntelがSpectre対策の修正版をリリース、Skylakeシステム向け

2018/02/13

Mark Hachman PCWorld

 Intelでデータセンターグループ担当ゼネラルマネージャーを務めるNavin Shenoy上級副社長は、2月7日付けのブログ記事で次のように述べている。「今週初め、Skylakeベースの複数のプラットフォームを対象に、マイクロコードのアップデートの正式版を、OEM企業やパートナー企業にリリースした。近日中に、その他のプラットフォームに対しても、同様のリリースを行う予定だ。また、マイクロコードのアップデートを正式版に移行する前に、OEM企業やパートナー企業が包括的なテストを実施する機会を得られるよう、ベータ版のリリースも継続する」

 Intelによると、今回リリースしたコードの対象として承認されているのは、Skylake U/Y/H/S/U23eの各シリーズだ。Intelがマイクロコードのアップデートに付随して公開している文書「Microcode Revision Guidance」には、リビジョンごとの最新の進捗が記載されている。おそらくこの文書は随時更新されていくものと見られる。

 Intelは1月初め、SpectreとMeltdownの両脆弱性について、同社のほぼすべてのプロセッサに影響する可能性があることを明らかにした。この脆弱性は、同社のプロセッサが備えている投機的実行のアーキテクチャに起因する。さらに、Intelのみならず、ARMベースプロセッサにも影響するほか、米AMDのプロセッサもある程度影響を受ける。

↑ページ先頭へ