TOPセキュリティ > IntelのSpectre対策を無効化するパッチをMicro...

セキュリティ

IntelのSpectre対策を無効化するパッチをMicrosoftが緊急リリース

2018/01/31

Mark Hachman PCWorld

 CPU脆弱性「Spectre」に対処する米Intelのパッチを導入したパソコンの一部で、予期せぬ再起動やシステムの不安定化が生じている問題に関して、米MicrosoftがWindows用のパッチを緊急リリースした。Spectreのバリアント2に対する既存の対処を無効化するパッチだ。

Credit: Google/Natascha Eibl

 話が少々複雑なので整理しよう。Spectreと「Meltdown」という脆弱性の存在が最初に公表された後、IntelとMicrosoftはそれぞれ、問題に対処するためのパッチを緊急リリースした。しかし残念ながら、Intelがリリースしたマイクロコードのアップデート(およびそれを基にしてパソコンメーカーがリリースしたBIOSアップデート)は、それ自体が不具合をはらんでいた。パソコンが不安定になったり、再起動が増えたりといった問題が生じており、データの損失につながる恐れがある。

 Microsoftが今回リリースしたパッチ「KB4078130」は、こうした問題が生じているシステム向けに提供されたもので、「Microsoft Updateカタログ」からダウンロードできる。Spectreのバリアント2に向けた既存の対処を無効化することで問題を解決する。

↑ページ先頭へ