TOPコンシューマIT > コワーキングスペースのWeWork、Alexa for Bu...

コンシューマIT

コワーキングスペースのWeWork、Alexa for Businessを入念にテスト中

2018/01/09

Scott Carey Computerworld UK

入念なロールアウト

 WeWorkは、Alexa for Businessのロールアウトにかなり入念な姿勢で臨んでいる。「引き続き、Alexaのプラットフォームを社内で充実させていくことになると思う。Alexaがもたらす真価をきちんと理解するためであり、人々がAlexaにどのような反応を示すのか、Alexaが人々の行動をいかに変えるのか、人々の体験をいかに向上するのかを理解するためだ」

 さらに同社は次のように説明する。「その点に関して我々がすべきことはたくさんある。単にAlexaを採用していくつかのスキルを開発し、世界中に展開すれば済むという話ではない。当社は200カ所で事業を行い、17万5000人の利用者がいる。我々はこのテクノロジーを世に送り出すことに積極的かつ意欲的だが、影響が及ぶ人々は大勢いる」

 WeWorkは今後、社内でのAlexa試験導入を、ロンドンをはじめ、各地域の本部に拡大する。そのうえで、「Powered by We」の名で展開するサービスを通じて会員企業まで広げていく計画だ。

 「次なるステップは、人と文化に違いがある各地でAlexaがどのように機能するか、端末の分散ネットワークを世界中でどのように管理するべきかを理解することだ」とEmig氏は言う。

 「スキルが完成したと感じられた時点で一部の拠点に展開するにあたって、このような段階を踏むことは遠回りにはならないと思う。我々は、きちんと仕上げるためにある程度の時間をかける計画だ。こうしたテクノロジーは、うまく機能する時には非常に快適だが、そうでない時には実に不愉快だからだ」

↑ページ先頭へ