TOPNetwork > Apple、音楽認識サービスのShazamを買収へ

Network

Apple、音楽認識サービスのShazamを買収へ

2017/12/13

Jason Cross Macworld

 数日前から噂されていたとおり、米Appleが、音楽認識サービスを手がける英Shazamを買収することになった。米BuzzFeed Newsは、Appleから確認をとったとして報じている。買収額は明らかにされていないものの、約4億ドルと見られている。Shazamが2015年に行った前回の資金調達ラウンドの際に出た10億ドルという評価額に比べると、かなりの隔たりがあるが、それから現在までの間に、音楽配信サービスの世界は進化してきた。

Credit: IDG

 Appleの広報担当者であるTom Neumayr氏は、BuzzFeed Newsに次のような声明を寄せた。

 「Shazamとその優秀なチームがAppleに加わることを、大変喜ばしく思っている。App Storeが始まって以来、iOS用アプリの中でも特に人気の高いアプリとして、Shazamは絶えずランクインしていた。現在、世界中の数億人のユーザーが、さまざまなプラットフォームでShazamのアプリを使っている」

 「Apple MusicとShazamはぴったり合う。音楽発見への情熱を共有し、素晴らしい音楽体験をユーザーに提供している。我々は刺激的な計画を用意している。今回の合意が承認され次第、Shazamとひとつになるのが楽しみだ」

 その計画とは、一体どのようなものなのだろうか。断定はできないが、Shazamは当面は複数のプラットフォームでサービスを続けるものと予想される。Appleに関しては、Siriは既にShazamと連携している。今流れている曲をSiriに尋ねると、Shazamの技術を通じて得た答えを返す。また、ShazamにはMac用アプリもある。

↑ページ先頭へ