TOPSoftware > Facebook、競合状態検出ツール「RacerD」を公開

Software

Facebook、競合状態検出ツール「RacerD」を公開

2017/10/23

Paul Krill InfoWorld

 米Facebookは、競合状態という古くからの問題に対処するためのツール「RacerD」を、同社がオープンソースで提供している静的コード解析ツール「Infer」の一部として公開した。

Credit: Roborace

 Facebookのリサーチサイエンティストで、RacerDの共同開発者の1人であるSam Blackshear氏によると、これまでプロトタイプ段階だったRacerDは、Facebookのオープンソースのコードベースで特別なオプションを通じてのみ利用できた。今回、プロトタイプ段階を終了したことにより、Inferを使った静的コード解析でバグを発見する際に、RacerDによる検出がデフォルトで実行されるようになった。現時点で、RacerDはJavaのコードにのみ対応しているが、C++をはじめとする他の言語にも対象を拡大する計画だ。

 プログラムの中で並行して動いている複数の処理が同じデータに同時にアクセスしようとすることで矛盾が生じるのが競合状態だ。こうした並行処理のエラーは、デバッグが困難な場合があり、再現自体が難しいこともある。これは約50年にわたってコンピューティングの大きな問題だったと、RacerD共同開発者でInferチームのリサーチサイエンティストであるPeter O'Hearn氏は話す。

↑ページ先頭へ