TOPSoftware > macOS、32ビットアプリの警告表示を開始、サポート終了に...

Software

macOS、32ビットアプリの警告表示を開始、サポート終了に一歩近づく

2018/04/16

Roman Loyola Macworld

 米Appleは、「Mac」のテクノロジーを32ビットから64ビットに移行する作業をしばらく前から進めていたが、これまでの取り組みはApple自身や開発者を対象としたもので、一般ユーザーには特に影響はなかった。だが、これからは違う。「macOS High Sierra 10.13.4」で、従来の32ビットアプリを使う時に、ユーザーに向けて警告メッセージが表示されるようになるからだ。

Credit: IDG

 この警告メッセージは、アプリの動作が最適なものではない可能性をユーザーに伝え、そのアプリのアップデートが公開されているか確認するよう促すためのものだ。Appleは、iOSで32ビットから64ビットへの移行を進めた時も、似たような警告を表示していた。

 今回始まった警告メッセージは、32ビットアプリを起動したタイミングでのみ表示される。詳細情報のボタンをクリックすると、32ビットから64ビットへの移行について説明したAppleのサポートページの記事が開く。

 この警告メッセージは、macOS 10.13.4のアップデートに含まれているもので、2018年4月12日に発動する。10.13.4をまだインストールしていない場合、Macをアップデートした時点から表示されるようになる。

↑ページ先頭へ