TOPSoftware > Microsoft、OneDriveとOutlook.com...

Software

Microsoft、OneDriveとOutlook.comのランサムウエア対策を強化

2018/04/09

Mark Hachman PCWorld

 パソコンがランサムウエアに感染すると、あらゆるファイルが暗号化され、それを解除するキーと引き換えに金銭を支払うよう迫られる。この感染は、クラウドに保存しているファイルにまで波及する恐れがある。そこで米Microsoftは、こうした状況に対処するための機能を、クラウドストレージサービス「OneDrive」に搭載した。

Credit: Microsoft

 Microsoftは現地時間2018年4月5日、「Office 365 Home」「Office 365 Personal」の加入者向けのOneDriveに、新たなランサムウエア対策を導入したことを発表した。その1つは、OneDriveに保存しているファイルを以前のバージョンにロールバックできる「Files Restore」機能だ。最長1カ月前のバージョンまで復元でき、マルウエアに感染する前の状態に戻すのが簡単になる。もう1つは、ランサムウエアの自動検出機能だ。OneDriveに保存しているファイルがランサムウエアに感染していないかを自動で判別し、感染が確認された時にはスマートフォンなどを通じてユーザーに通知する。

 このほか同社は、OneDriveに保存しているファイルを共有する際のパスワード保護機能や、OutlookのWeb版である「Outlook.com」で送信するメールの暗号化機能なども発表した。

↑ページ先頭へ