TOPHardware > Apple、Macのプロセッサを自社製に移行か、米報道

Hardware

Apple、Macのプロセッサを自社製に移行か、米報道

2018/04/04

Jason Cross Macworld

 米BloombergのIan King氏とMark Gurman氏の記事によると、米Appleは2020年以降、Macパソコンのプロセッサを米Intel製から自社製に移行する計画だ。この記事では情報源について、「事情に詳しい複数の関係者」としか述べていないが、Gurman氏はAppleに関するうわさの報道で確かな実績がある。

Credit: Apple

 もちろん、大手テクノロジー企業の2年先の動きとなると、予測は大まかなものにとどまる。報道の時点では正確な予測だったとしても、計画は実際に変わり得る。

 Bloombergの記事は非常に手短なもので、報道は現在も進行中だ。同記事によると、このプロジェクトには「Kalamata」というコードネームが付いており、iOSデバイスとmacOSデバイスの連携を強化する大規模な取り組みの一環として行われる。計画はAppleの経営陣も承認済みで、複数の段階をへてIntelチップから決別していく可能性が高い。

↑ページ先頭へ