TOPSoftware > Microsoftが80億ドルでSlackの買収を検討するも...

Software

Microsoftが80億ドルでSlackの買収を検討するも見送りか、米報道

2016/03/08

Blair Hanley Frank IDG News Service

 現在、企業向けソフトウエアの世界では、コラボレーションサービス「Slack」が人気の的となっている。報道によると、米Microsoftは莫大な金額でSlackの買収を検討していた模様だ。

Credit: Stephen Brashear/Getty Images for Microsoft

 米TechCrunchの報道によると、Microsoftは、80億ドルもの額でSlackを買収することを検討していたものの、最終的に見送りを決めたという。ここ数年さまざまな企業を手中に収めてきたMicrosoftとしては、買収は理にかなった動きだったのかもしれない。

 Microsoftは、メールアプリの米Acompliや、カレンダーアプリの米Sunrise Atelierなど、プロダクティビティ(仕事効率化)関連のスタートアップを何社か買収してきた。そのことを考えると、Slackは同社にとってまさにストライクゾーンだ。iOS用とAndroid用のOutlookアプリをはじめ、Microsoftの最近のプロダクティビティアプリの中には、こうした買収で得た製品が屋台骨となっているものもある。

↑ページ先頭へ