TOPSoftware > Intel製のCPU脆弱性パッチ、Microsoftのサイト...

Software

Intel製のCPU脆弱性パッチ、Microsoftのサイトで提供開始

2018/03/05

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは、CPU脆弱性「Spectre」「Meltdown」に対処するために米Intelが開発したマイクロコードアップデートの一部を、Windows 10のバージョン1709(Fall Creators Update)用のパッチ「KB4090007」として、自社サイトの「Microsoft Updateカタログ」で提供を始めた。自作パソコンに適用できるBIOSアップデートが提供されるかどうか不安に思っていた人にとっては、解決策になるかもしれない。

Credit: Google/Natascha Eibl

 SpectreやMeltdownに対処するパッチは、通常のパターンにのっとって、開発元が提供しているケースが一般的だ。例えば、Windows用のパッチはMicrosoftがWindows Updateで配信し、ウイルス対策などのソフトウエアのパッチはそれぞれのソフトウエアの開発元がリリースしている。

 一方で、CPUの製造元のIntelも、問題に対処するためのマイクロコードアップデートの開発を進めている(ちょうど、HaswellとBroadwell向けのアップデートが登場したばかりだ)。だが、Microsoftとは違って、Intelが開発するマイクロコードアップデートは、同社が直接エンドユーザーに配布するのではなく、パソコンメーカーやマザーボードベンダーのネットワークを通じて提供しており、各社が適切なテストを行ったうえでのリリースとなる。

 Microsoftは、Windowsだけでなく自社ブランドのデバイスのメーカーでもある。MeltdownとSpectreへの対処では、Windows用のパッチを提供する役割と、「Surface」シリーズ向けにIntel製のパッチを提供する役割の両方を担ってきた。そして、これらに加え、Intelのマイクロコードアップデートも自社サイトで公開することになった。

↑ページ先頭へ