2017年12月22日
セキュリティ事件簿

日本航空(JAL)

ビジネスメール詐欺で3億8000万円の被害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:流通・サービス
事象:不正アクセス、情報漏えい、その他
発生時期:2017年8月24日、9月7日、9月29日(12月20日発表)

被害内容:2件のビジネスメール詐欺(BEC)により、約3億8000万円の被害を受けた。いずれも日ごろやり取りしている取引先を何者かが装い、担当者に虚偽の振込先銀行口座をメールで指示した。1件は海外の金融会社からリースしている旅客機のリース料にまつわるもの。正規の請求書の「訂正版」として偽の請求書が送付されてきて、担当者は記載された銀行口座に約3億6000万円を送金した。もう1件は米国にあるJALの貨物事業所における地上業務の委託料にまつわるもの。偽のメールで偽の銀行口座を指定され、8月24日と9月7日の2度にわたり計約2400万円を送金し被害を受けた。

関連記事スカイマークにも振り込め詐欺、1度信じたが金銭被害は免れる、ANAは「メールは確認されていない」(ITpro、2017/12/21)
関連記事JALが「信じ込んでしまった」手口とは、振り込め詐欺で3.8億円被害(ITpro、2017/12/20)