2018年01月29日
セキュリティ事件簿

コインチェック

580億円分の仮想通貨が取引所から不正アクセスで流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:金融
事象:不正アクセス、改ざん、その他
発生時期:2018年1月26日(1月26日発表)

被害内容:仮想通貨取引所が不正アクセスを受け、顧客から預かっていた580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した。1月26日午前11時25分、同社ウォレットに保管してあるNEMの残高が異常に減っていることに気づいた。調査した結果、不正アクセスによって5億2300万XEM(XEMは、NEMの単位。異常を検知した時点の相場で約580億円相当)が、外部アドレス宛てに送信されていることが判明した。コインチェックが保有するNEMのほぼ100%に当たる。不正送信は、同日午前3時ごろから断続的に実施されていたもようだ。

関連記事コインチェック「補償は来週中めど」、NEM流出原因はメールを介したマルウエア感染(xTECH、2018/03/08)
関連記事コインチェックが事件後の改善状況を報告、原因にも言及(xTECH、2018/02/13)
関連記事コインチェックが13日から日本円の出金を再開、流出したNEMの補償は未定のまま(xTECH、2018/02/09)
関連記事金融庁がコインチェックに異例の立ち入り検査、運用管理やセキュリティを目視で確認(ITpro、2018/02/02)
関連記事仮想通貨流出問題、コインチェックが自己資金での返金を決定(ITpro、2018/01/28)
関連記事580億円分の仮想通貨が流出、大手取引所への不正アクセスで(ITpro、2018/01/27)