2018年01月29日
セキュリティ事件簿

GMOペパボ

不正アクセスでショップオーナーなど7万件超の個人情報流出か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:情報通信
事象:不正アクセス、情報漏えい、マルウエア
発生時期:2018年1月7日(1月26日発表)

被害内容:第三者による不正アクセスを受け、ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」を利用中または利用したことがあるショップオーナーの住所や氏名など最大7万7385件が流出した可能性がある。一部はクレジットカード情報を含み、ショップの購入者に関する情報も流出した可能性もある。1月7日にサーバー異常検知システムの警告が出て調査した結果、外部から不正プログラムを置かれ、実行された可能性があることが分かった。同日に侵入経路を遮断し、不正プログラムを実行できないように対処。1月8日に外部のセキュリティ専門機関に調査を依頼した。

関連記事GMOペパボで不正アクセス、最大7万7385件の個人情報流出(ITpro、2018/01/26)
関連記事GMOペパボのウイルス被害、CDNetworksの不正アクセスが原因(ITpro、2014/06/05)