2018年01月23日
セキュリティ事件簿

NTTデータ

持ち出し用PCから社内システムにランサムウエアが感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:情報通信
事象:マルウエア
発生時期:2018年1月5日(1月22日発表)

被害内容:社内システムがランサムウエア「WannaCry 2.0」の亜種に感染したものの駆除を完了した。感染したのは社内ポータルや事務用PCをつなぐイントラネット環境と、社内の開発環境を経由した顧客1社。外部持ち出し用PCを社内ネットワークに接続した際に感染が広がった。外部持ち出し用PCに対してセキュリティ対策を講じることを義務付けているが、何らかの理由ですり抜けたとみられる。感染したWannaCry 2.0の亜種はデータを暗号化したり情報流出の被害をもたらしたりすることができないものだった。

関連記事NTTデータ、社内システムが「WannaCry 2.0」亜種に感染するも駆除完了と公表(ITpro、2018/01/22)