化粧品大手の仏ロレアルは、米国ラスベガスで開催された家電見本市CES 2018で、新商品「UV Sense」を発表した。爪に貼れる円形の小さなチップで、紫外線を計測する機能がある。紫外線量を確認して、こまめに日焼け止めを塗り直すといったことが可能になる。メディア向け展示スペース「CES Unvaild」で披露した。

仏ロレアルがCESで発表した「UV Sense」
[画像のクリックで拡大表示]
親指の爪に貼ってあるのが「UV Sense」
(出所:仏ロレアル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 UV Senseは電源不要の小さなチップで、厚さ約2mm、直径約9mm。紫外線量を常時計測しており、その結果はスマートフォンの専用アプリでチェックできる。スマートフォンとはNFC(近距離無線通信)で接続する。2018年に米国の一部で発売し、2019年にグローバルで販売する予定だ。

 ロレアルグループのスキンケアブランドであるラ ロッシュ ポゼからの発売となる。価格は非公表だが、米国内での報道によると40ドル前後とみられる。

UV Senseの内部構造。ロレアルは技術者向けイベントであることを意識した情報発信をしていた
[画像のクリックで拡大表示]

 ロレアルはここ数年でテクノロジーへの関心を強めている。2016年にはシール状の紫外線測定シール「My UV Patch」を発売した。My UV Patchは、シールの色を変化させて紫外線量の増加を示す。さらに専用アプリで撮影すると、紫外線量を分かり安く表示するサービスも展開していた。My UV Patchは配布後世界37カ国で100万枚以上が使われ、利用者の34パーセントがより日焼け止めを使うようになり、37パーセントがより肌を紫外線から守ろうとするようになったという。

 今回、ロレアルはシールからチップ状デバイスに製品形状を変更。My UV Patchはシールということもあり数日しか使用できなかったが、UV Senseは数週間使用できるという。また、スマートフォンと通信できるようにしたことで、紫外線量を確認しやすくなった。

紫外線の量はスマートフォンで確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 化粧品業界はグローバル企業を中心に、テクノロジーをどのように自社製品に融合していくかが大きなテーマとなっている。資生堂は、2018年春に個人の肌状態に合わせたパーソナライズド化粧品を提供する「Optune」を発売する予定。同社はパーソナライズドファンデーションを販売する米マッチコーを買収するなど、化粧品のパーソナライズド化を中心にテクノロジーの応用を急ぐ。