2018年1月7日(現地時間)、米ラスベガスでの「CES 2018」に先駆けて、プレイベント「CES Unveiled」が開催された(写真1)。

写真1●米ラスベガスでCES Unveiledが開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「Psion」似のキーボード付き小型端末

 英Planet Computersは、QWERTYキーボード搭載の小型端末「Gemini PDA」の実機を展示した(写真2)。同社がクラウドファンディングサイトの「Indiegogo」で出資を募ってきた端末で、2018年1月より最初の出資者に対して製品を出荷する予定としている。

写真2●Gemini PDA
[画像のクリックで拡大表示]

 QWERTY配列の物理キーボードを備えたクラムシェル型を採用した。本体を開くと背面の一部が本体を支える形状に変化し、安定したタイピングができるという(写真3)。デザイナーは、1990年代に「Psion」シリーズを手がけたMartin Riddiford氏だという。

写真3●安定したタイピングが可能に
[画像のクリックで拡大表示]

 画面サイズは5.99インチで2160×1080ドットで、縦横比は18:9となっている。折りたたむと大型のスマートフォン程度の大きさになる(写真4)。USB Type-Cポートを2基搭載しており、HDMIによる画面出力とUSBハブを同時に利用できる。外形寸法は171.4×79.3×15.1mm、重量は320g。

写真4●折りたたむとスマートフォン程度の大きさに
[画像のクリックで拡大表示]

 OSはAndroidとLinuxのデュアルブート仕様となっており、再起動により切り替える仕組みだ(写真5)。LinuxのディストリビューションはDebianだが、今後はより多くの選択肢を提供したいという。64GBのストレージを2つのOSで共有するが、MicroSDによる拡張にも対応する。

写真5●Linuxを起動した様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年1月8日時点でIndiegogoでは、299ドルの出資でWi-Fi対応モデル、399ドルの出資でLTE対応モデルを受け取ることができるとされており、いずれも小売価格より200ドル安いという。

スマホをノートPC化する「Mirabook」

 仏Miraxessは、スマートフォンを接続してノートPCとして利用できるクラムシェル型のドッキングステーション「Mirabook」を展示した(写真)。2017年のCESにプロトタイプを出展後、Indiegogoで出資を募っており、2018年より出荷を開始するという。

写真6●Mirabook
[画像のクリックで拡大表示]

 13.3インチ・フルHDのディスプレイとキーボード、バッテリーを搭載しており、外観はクラムシェル型ノートPCだが、PC機能は内蔵しておらずUSB Type-Cケーブルでスマートフォンを接続して利用する。

 対応するスマートフォンは、サムスンの「DeX」が利用できるGalaxy S8とGalaxy Note8、ファーウェイの「PCモード」を利用できるMate 10シリーズ、Windows 10 Mobileの「Continuum for Phones」など。いずれもUSB Type-CのDisplayPort Alternate Modeを利用して画面を出力している。

 インタフェースとしてUSB Type-Aを2ポート、充電用のUSB Type-Cポート、HDMI、オーディオジャック、MicroSDカードスロットを搭載する。バッテリー駆動により10時間の利用が可能。重量は約1.3kgとなっている。

 Indiegogoでクラウドファンディングを募っており、249ドルの出資で1台を受け取れるとされている。小売価格は299ドルとなっている。低価格のノートPCよりは高価だが、コンピューティングデバイスを1台のスマートフォンに集約できることのメリットを訴求していく、としている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら