都道府県CIOフォーラムは、第15回年次総会を8月24日と25日の2日間、札幌市内で開催した。初日は、運用が始まった自治体情報セキュリティクラウドと庁内ネットワーク強じん化について、効果と課題に関わる知見や対処法を共有。2日目午前は、官民データ活用推進基本法に基づく都道府県計画の立案に向け意見を交換した。午後はサービスデザイン思考やAI(人工知能)を活用した新しい行政サービスへの取り組み方を議論した。(構成:本間 康裕=ITpro Active、写真:吉田 サトル)

都道府県CIOフォーラム第15回年次総会の様子。札幌市の「プレミアホテル-TSUBAKI- 札幌」で開催した。
[画像のクリックで拡大表示]
都道府県CIOフォーラムとは
 都道府県および関係団体のCIO(情報化統括責任者)または情報化推進担当責任者で構成する任意団体。相互の情報共有や民間IT企業も含めた意見交換を通じて、IT施策の推進に寄与することを目的に2003年8月26日に設立された。基礎自治体にもオブザーバー参加を呼びかけており、今回は札幌市、さいたま市、千葉市、横浜市、大阪市、堺市、福岡市、室蘭市が参加した。「日経BPガバメントテクノロジー」が事務局を務めている。