日ごろ何気なく使っていたネットワークある日突然遅くなった、あるいは全くつながらない状況に陥ったら、ネットワークの状況を確認し、接続先の再設定や設定の変更による改善を試みよう。スッキリとしたネットワーク環境が整うはずだ。

接続先が違うと大きな速度差を生むことも

 無線LANで通信速度が出ないと感じたら、まずは接続先が正しいか確認する。複数の無線LANに接続したことがあるWindowsパソコンは、その複数に接続可能な場合、想定していない方につながることがある。

 特に、公衆無線LANやホテルなどの施設が用意した無線LANを利用したことがあるときは要注意だ。知らないうちに意図しない無線LANにつながってしまい、電波状態が悪くて速度が出ない、ということが起こりえる。

 これを防ぐには、通知領域のアイコンから「Wi-Fi」の設定を開き、無線LANの接続先を確認しよう。想定していない無線LANに接続していたなら、一覧から適した接続先を選び、接続しなおす。

 自動的に想定していない無線LANに接続するのを防ぐには、一覧表示から「自動的に接続」のチェックを外す。または、「設定」の「ネットワークとインターネット」にある「Wi-Fi」から「既知のネットワークの管理」を表示し、一覧から接続したくないネットワークの「プロパティ」を開き、「範囲内の場合は自動的に接続する」をオフにする。

 この設定をしておけば、想定しない無線LANに勝手に接続することはない。接続する場合は、無線LANの一覧から手動で選んで接続することになる。それでもいったん入力した暗号キーは記憶されるので、再度入力する必要はない。日頃常に使う無線LANは自動的に接続する設定にして、たまにしか使わない無線LANには手動でつなぐといった使い分けするとよいだろう。

頻繁に使わない無線LANは「自動的に接続」のチェックを外す
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら