今回は、デスクトップ画面をスッキリさせ、効率的かつ快適に使うための設定を紹介する。

仮想デスクトップを作成する

 Windows 10のデスクトップ画面が狭いと思ったら、仮想デスクトップ機能を活用しよう。仮想デスクトップは、デスクトップ画面を複数展開し、用途や場面に応じて簡単に切り替えられる機能だ。タスクバーの検索ボックスの右側にある「タスク ビュー」アイコンをクリックして開き、「新しいデスクトップ」を選ぶと仮想デスクトップが作られる。

 作成後にタスクビューを開くと、画面下に仮想デスクトップの一覧が表示される。ここでデスクトップ画面のサムネイル表示を見ながら、仮想デスクトップを切り替えられる。タスクビューでは、仮想デスクトップ画面間でウィンドウの移動や、仮想デスクトップ画面の削除といった操作も可能だ。タスクビューは「Windows」キーを押しながら「Tab」キーを押すことでも開ける。

 なお、削除した仮想デスクトップ画面に展開していたウィンドウは、一つ前の仮想デスクトップに自動的に移動される。勝手に閉じることはないので安心しよう。

タスクビューで、仮想デスクトップ画面の作成や切り替えなどの操作ができる。仮想デスクトップは多数作成できるが、その分メモリーを消費するので注意しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 仮想デスクトップを使うときにタスクビューをいちいち開くのが面倒なら、ショートカットキーによる操作を覚えてしまうと便利だ。「Ctrl」キーと「Windows」キーを押しながら「D」キーを押すと、仮想デスクトップが新たに作成されて画面が切り替わる。「Ctrl」キーと「Windows」キーを押しながら「←」キーまたは「→」キーを押すと、仮想デスクトップを切り替えられる。「Ctrl」キーと「Windows」キーを押しながら「F4」キーを押すと、仮想デスクトップを削除できる。

ショートカットキーを押すと、画面のようなアニメーションとともにデスクトップ画面を切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら