毎年恒例の記事だが、今回も2017年に入手して満足度が高かったモノを紹介していこう。

 2016年までの記事と比べてみると、今年はかなり散財していることを痛感する。ちょうどパソコンを買い換えるタイミングが重なったからなのだが、それにしてもよくもここまで――とちょっと反省中だ。まあ仕事の道具でもあるので、無駄遣いをしているわけではない。

 購入前には情報を徹底的に集め、時にはレビューして感心した製品を買うようにしている。それでも、使い込むと気になる点が見えてくることもある。今回も、ちょっと辛口でランキングをまとめてみた。

1位:iPhone X これぞフルモデルチェンジ!圧倒的な魅力だ

 ここ数年間、毎年iPhoneを買い換えているわけだが、iPhone Xこそが、ボディーを大幅に変更した久しぶりのフルモデルチェンジだと思っている。僕に言わせると、iPhone 6からiPhone 8までは、ボディーの基本デザインが変わっていないので「マイナーチェンジ」だ。もっとも、そもそものデザインの完成度が高いからこそ、数年間も同じデザインを継続できたわけだが。

 iPhone Xのデザインと質感は、過去最高と言っても過言ではない。特にボディーサイドの磨き上げられたステンレスの美しさにはうっとりとしてしまう。

 iPhone Xは、ディスプレイやFace IDなど、素晴らしい新機能がたくさん詰め込まれている。特にOLEDを採用したディスプレイの美しさ、精細さは、過去のモデルとは比較にならないクオリティだ。

 逆に言うなら、iPhone 8は買ってはいけないモデルになってしまったと思う。解像度が低い液晶は、とてもじゃないがこれから入手するには物足りない。

 Face IDについては、「こうやると認識しない」というネガティブな報道が多いのだが、僕は異を唱えたい。普通に使う限りは素晴らしい認識率で、指紋センサーよりも手っ取り早い。マスクを付けていると認識できないが、それは手袋をして指紋センサーが反応しないと言っているのと同じだ。

今年の1位はiPhone Xだ。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
Face IDは非常に実用的で、指紋センサーよりも快適だ。
[画像のクリックで拡大表示]
磨き上げられたステンレスの美しさにやられてしまった。
[画像のクリックで拡大表示]
右のiPhone 7 Plusと比べるとOLEDの美しさ、明るさは桁違いだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら