政府・与党が税制改正で目指す、持続的な賃上げ。IT企業に勤務する従業員の所得の実態は、どのようなものなのか。

 最大手である日立製作所、富士通、NEC、そしてシステム開発やITコンサルティングを中軸事業にしているITサービス最大手5社について、これまで見てきた。

 今回は、これらのIT企業をしのぐ存在感を見せている携帯大手3社、KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクの給与について。3社の提出会社が公開している有価証券報告書のデータを基に分析した。

3社とも800万円超え

 2016年度の平均年間給与を調査したところ、KDDIが953万2136円、NTTドコモは873万9000円、ソフトバンク(ソフトバンクグループ)が1164万7660円だった。ソフトバンクは1100万円を超えている。ただし、提出会社はソフトバンクグループであり、従業員数199人のグループ統括会社なので、KDDIやNTTドコモと単純に比較することはできないだろう。

2016年度の平均年間給与。各社の有価証券報告書を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

 国税庁が2017年9月に公表した民間給与実態統計調査の結果によると、民間企業で働く人が2016年に得た平均給与は422万円だった。携帯大手3社の平均年間給与は2倍以上であり、かなりの高水準といえる。ソフトバンクは3倍弱となっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら