国内の人手不足感が高まる中、技術者の転職市場も活況を呈している。技術者にとって、転職は大きなキャリアアップの手段だ。自分に合った転職先を見つけられれば、収入だけでなく、労働条件ややりがいなど、より良い環境を得られる可能性がある。

 だが転職の経験が乏しい人にとっては、そもそも転職の具体的な方法が分からないというケースも多いだろう。人材サービスを手掛ける日経HRのキャリア事業部 メディア営業部の松本恭子マネジャーに、そんな「転職の超基本」を聞いた。

(聞き手は八木 玲子=ITpro)


転職エージェントに紹介された、または自分で探した結果、魅力的な求人が見つかったとします。その後は、どんな流れで進んでいくのでしょう。

日経HR キャリア事業部 メディア営業部 松本恭子マネジャー

 まずは、履歴書や職務経歴書といった書類を用意する必要があります。転職サイトに登録した情報をベースにしながら、過去の職歴や身に付けたスキル、取得した資格などを記入します。エージェントが仲介している場合は、エージェントが書類を添削します。求人に応じた書き方のテクニックや、アピールしておきたいポイントなどをアドバイスします。

 次に、面接の日程を調整します。自分で応募したり、その企業の人事担当者からのスカウトを受けたりしたときは、その企業と直接やり取りして日程を決めます。

 転職エージェントを介すときは、エージェントが日程調整を担当します。模擬面接をしたり、過去の経験を基にその企業の面接の傾向をアドバイスしたり、といったサポートをしてくれるエージェントもいます。

 面接の回数は企業によって異なりますが、中途採用の場合は2~3回が一般的です。無事に通過すれば、内定が出ます。

内定が出れば、転職活動もめでたく終わりですね。

 一安心なのは確かですが、内定後も気は抜けません。

 まずは、内定先との条件の交渉です。応募段階から基本的な条件は提示されていますが、より良い条件を引き出せる場合があります。例えば年収が自分の希望と乖離がある場合、交渉次第では上積みが可能です。本人が交渉しにくい内容でも、転職エージェントが仲介している場合は本人の代わりに交渉してくれます。

 次に、現在の勤務先に退職を申し出ます。最近は人手不足に悩む企業が多くて、強い引き留めに遭うケースが増えています。自分の意志をどう理解してもらうか、準備が必要です。転職エージェントが相談に乗ることもあります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら