(撮影:伊藤朝輝、モデル:姫野つばさ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「iPhone 8」発売から遅れること3週間、ようやく「iPhone X」が発売された。発売日に入手し、1週間ほど使っている。

 顔認証システムの「Face ID」と、ホームボタンが廃止されたことによるUI(ユーザー・インタフェース)の変更が、使い勝手にどれだけ影響するかが気になっていた。しかし、それも本体を手に入れないことには始まらない。

 iPhone Xは初回の出荷数が歴代iPhoneの中でも少ないと噂され、発売日に入手するための予約合戦は、熾烈を極めるとの予想だった。

 筆者はいつものようにApple StoreのWebサイトに予約開始直後からアクセス。ページがちゃんと表示されるまでは数分かかったが、その後は希望のモデルをスムーズに予約できた。配達予定日は発売日である「2017/11/3」と表示され、ひと安心。

 すぐにTwitterのタイムラインを見ると、配達予定日が「11/14~21」だったという購入者のツイートが流れており、予約開始15分後には「5~6週」になっていた。

 本原稿執筆時点でApple Storeで確認したところ、全てのモデルの出荷日は「3~4週間」となっており、在庫状況は改善されているようだ。予約時に配達予定日が「11/14~21」と表示された場合でも11/3に届いた、との報告もある。

 感覚的には、昨年のiPhone 7で出荷数が少ないと言われていた新色の「ジェットブラック」よりも手に入れやすい状況に思える。

iPhone XはオンラインのApple Storeで購入。比較的スムーズに希望のモデルを予約できた
[画像のクリックで拡大表示]
発売日に自宅に届いたiPhone X。Apple Storeからの荷物は、いつも透明で伸縮性のある不思議なフィルムで固定されている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら