(撮影:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 SNSやWebアプリなど、インターネット上のサービスを利用する場合に必要になるアカウントとパスワード。よく言われることだが、パスワードは簡単に類推されるものにせず、複数のサービスで同じパスワード使い回さないことが、不正アクセスや悪用への対策となる。

 iPhoneにはこのようなパスワードを管理するための機能がいくつか搭載されている。「AppとWebサイトのパスワード」機能、そして「iCloudキーチェーン」がそうだ。

 さらに最近加わったのが、Wi-Fiのパスワードを簡単に相手に伝えられる「Wi-Fiパスワード共有」機能だ。

iPhone同士でWi-Fiパスワードを共有

 Wi-Fiパスワード共有は、最新のiOS 11で搭載された機能だ。

 職場や自宅を訪れた人がWi-Fiを使いたいとき、Wi-Fiにパスワード(暗号キー)が複雑だと教えるのが面倒だ。そのため来客用のWi-Fiを用意して、簡単なパスワードにしているというケースもありそうだ。

 「Wi-Fiパスワード共有」を使うと簡単な操作で、相手のiPhoneにパスワードを送ることができる。

 やり方は簡単だ。相手のiPhoneで目的のWi-Fiを見つけてもらい、パスワード入力の画面にする。この状態で自分のiPhoneのロックを解除し、相手のiPhoneに近づけると自分のiPhoneにWi-Fiパスワード共有画面が表示される。「パスワードを共有」をタップしよう。

 相手のiPhoneに自動的にパスワードが入力され、同時にWi-Fiに接続される。この間、わずか数秒。自分がWi-Fiのパスワードを覚えていなくても、一度接続していればiPhoneに接続情報が保存されているので、それを自動的に送る仕組みだ。

 ただし、この機能でどんな相手にでもWi-Fiパスワードを遅れるわけではない。次の前提条件がある。

  1. 互いのiPhoneがiOS 11であること
  2. 自分のiPhoneの連絡先に相手が登録されていること

 また実際にWi-Fiパスワード共有をするときは、両方のiPhoneでBluetoothをオンにしておく必要がある。

 難点は、相手のiPhoneにWi-Fiネットワークの接続設定が残ってしまうことだ。一定期間だけ使わせたいときには向いていない。もし、そのとき限りにしたいなら、相手のiPhoneで設定を手動で削除してもらうか、アクセスポイント側でWi-Fiパスワードを変更するしかなさそうだ。

 Wi-Fiパスワード共有機能は、iPhone以外でも利用できる。具体的には、iOS 11がインストールされたiPad、macOS High SierraがインストールされたMacだ。

相手のiPhoneでWi-Fiネットワークのパスワード入力画面を表示して待っていてもらう
[画像のクリックで拡大表示]
自分のiPhoneが近くにあると「Wi-Fiパスワード」画面が表示されるので「パスワードを共有」をタップ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら