デジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)は2017年10月13日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2017」で、サーバー改ざん検知と復旧のソリューション「WebARGUS」の紹介を行っている。

ファイルの改ざん防止と通知を行うWebARGUS。世界的に見ても類似ソリューションはないという
(撮影:林 徹)
[画像のクリックで拡大表示]

 WebARGUSは、PCサーバーのファイル改ざんを検知し、自動的に復旧する機能を備えている。コンテンツの保護だけでなく、アプリケーションプログラムや設定ファイルの改ざんや変更を防止したいケースにも利用可能だ。監視対象はフォルダーやファイル単位で設定できる。「改ざん検知機能は他社製品にもあるが、自動復旧までできる製品は世界的に見てもあまりない」という。

 サーバー以外への応用例として「WebARGUS for IoT」も提供。英アームのプロセッサーを使用したIoT機器においても、改ざん防止とアラート通知機能を提供する。こちらは「IoT機器によってカスタマイズする」ため、提供は個別対応となっている。

 今後はWebARGUSのエンタープライズ版を提供予定という。一つのサーバー上で複数のWebサイトを構築しているようなマルチテナントを想定した上位版製品となる。