ソフォスは2017年10月13日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2017」で、企業向けセキュリティソフト「Intercept X」と、ファイアウォール装置「XG Firewall」を展示している。

Interccept XとXG Firewallを連携させたデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 Intercept Xは、シグネチャーを使わないウイルス対策ソフト。一部他社製品との併用も可能だという。ランサムウエア対策機能「CryptoGuard」を搭載する。これは、悪意の有無に関わらずPC内でファイルを暗号化する動作を検知すると、即座にファイルをバックアップ。さらにホワイトリストとの照合などによる検査の結果、ランサムウエアであると判明した場合は暗号化処理をストップし、バックアップしたファイルを戻すという機能だ。マルウエア感染などの根本的な原因を解析することも可能である。

 またIntercept XはXG Firewallと連携して、XG Firewallでマルウエアを検出したPCから社外などへのアクセスをブロックし、駆除したらブロックを解除することができる。説明員によると、「Intercept Xには今後、機械学習の機能が搭載される予定」(説明員)だという。