米ProphetStor Data Services(以下ProphetStor)は2017年10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2017」で、SDS(ソフトウエア・デファインド・ストレージ)製品「Federator」を紹介している。ProphetStorは2012年に米国カルフォルニア州で設立された企業で今回が日本での初出展となる。

ProphetStorのブース。異種混合ストレージを一元管理できる製品を紹介している
[画像のクリックで拡大表示]

 ProphetStor製品の特徴は、異種混合のストレージを管理できる機能を備えている点。多種多様なベンダーの異なるストレージシステムの管理の手間を軽減できる。

 さらにサービス品質やストレージリソースについて可視化し、オンデマンドで最適化することも可能である。性能要求に合わせてスケールアップ・スケールアウトしたり、HDDの故障予知などシステムに重大な影響を及ぼす前に事前対処したりできる。「データ損失防止のインテリジェント機能は特許取得技術」(同社)という。