ネットワーク関連のシステム構築やコンサルティングを手掛ける情報工房は2017年10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2017」で、セキュリティ対策ソフト「Digital Guardian」を展示している。同社によればランサムウエア対策にも有効だという。

Digital Guardianの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 情報工房は1992年設立で、ネットワーク監視や管理ツールの販売や技術サポート、システム構築支援サービスなどを手掛ける。主要な取引先は防衛省や、情報通信研究機構(NICT)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など。

 展示しているDigital Guardianは米デジタルガーディアン製で、デバイスの制御やネットワークの制御、データ操作制御、暗号化などの機能を持つ。情報工房は販売代理店で導入や技術サポートなどの支援サービスを手掛ける。

 Digital Guardianはランサムウエア対策にも有効だという。ランサムウエアのインストールをブロックする機能や、PCのデータ操作を制御する機能などを備える。