情報技術開発(tdi)は2017年10月11日~13日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2017」で、社内手続き案内システム「手続きNavi」を展示している。

 同システムは、総務部門などに集まる各種問い合わせ内容をデータベース化し、問い合わせ者に対して手続きや関連資料を自動で提示するもの。問い合わせ者が「結婚します」と入力すると、結婚に関連する社内手続きの一覧が表示される。

tdiのブース
(撮影:川本 鉄馬)
[画像のクリックで拡大表示]

 tdiの担当者は「従業員1000人規模の企業の場合、総務部門が社員からの問い合わせに費やす時間は年間約4000時間にもなる」と話す。これをコストにすると、約1000万円が社内手続きの問い合わせに使われているという。

 このシステムでは、問い合わせ内容の判断にIBM Watsonを利用している。「手続きNavi」は、人に対するような言葉で用件を入力しても、期待する返答を得られるという。

ブラウザーからアクセス可能
[画像のクリックで拡大表示]

 総務部門に限らず、社内で問い合わせが多い他の部署でも利用可能だ。tdiでは、問い合わせ内容がパターン化している情報システム部門や、社員と定期的なやり取りが生じる経理部門などでも、このシステムを活用できるとしている。

 操作はブラウザーから行うので、導入に当たってユーザー側のクライアントソフトは必要ない。モバイルデバイスからの利用も可能だ。スタンダードプランの初期設定費用は10万円、月額利用料金は10万円~から。

■変更履歴
製品の説明内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2017/10/12 10:15]