日経BP社は2017年10月11日、東京ビッグサイトで企業向けITソリューションの総合展示会「ITpro EXPO 2017」を開幕した。東4~6ホールと会議棟を使用し、10月13日まで開催する。

[画像のクリックで拡大表示]

 11日の基調講演は「AIとIoT、デジタルの先駆者が語る~リクルートとDMG森精機が描く未来~」。リクルートとDMG森精機の両社が推進する、AI(人工知能)とIoT(インターネット・オブ・シングズ)によるデジタル革新の最新の姿とその背後にある哲学を紹介する。

 12日の基調講演は、「安川電機のIndustrie 4.0への取り組み」「MUFGにおけるクラウドへの取組み」「(住友生命による)『いきいきと働ける会社』の実現に向けた長時間労働抑制の取組み」などだ。IoTやクラウドといった技術の活用事例、働き方改革の実例などを、先進企業が披露する。

 今年はITpro EXPOとして10年目を迎えた。今回はITpro EXPOや「FACTORY 2017」をはじめとする既存6展に加えて、「ビジネスAI」「ビジネスVR」「FinTech」「働き方改革」「デジタルマーケティング」という5つの展示会を同時開催する。デジタルビジネスの構築に不可欠な技術・製品・サービスを幅広くカバー。100を超える講演やセミナー、シアターセッションも多数実施している。入場料金は3000円。Webサイトで事前登録をすれば無料になる。