参加するメンバーの協力を得られず、前進しないIT化プロジェクトが後を絶たない。プロジェクトのステークホルダー(利害関係者)をいかにして巻き込み、プロジェクトを円滑に進めるか。習得すべきものの、苦手にしているIT人材も多いのが「巻き込む力」。事例からその実践方法を学び、スキルアップを目指そう。

出典:日経SYSTEMS 2017年4月号 pp.24-36
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。