米アップルの「iPhone X(テン)」が2017年11月3日、いよいよ日本を含む世界各国で同時発売された。9月発売の「iPhone 8」から1カ月以上遅いタイミングとなったが、これまでのiPhoneの“常識”を覆すデザイン変更が、大きな注目を浴びている(写真1)。

写真1●「iPhone X」(シルバー色)
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

サイズ感は4.7インチのiPhoneに近い

 まずiPhone Xの外観を見ていこう。画面が5.8インチになったと聞くと、かなり大型化したイメージを抱いてしまうが、実際のサイズは予想以上にコンパクトだ。5.5インチの画面を搭載したiPhone 8 Plusよりも一回り小さく、どちらかといえばiPhone 8に近い(写真2)。

写真2●左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 厚さはiPhone 8よりもiPhone Xのほうが0.4mm厚く、26g重いことから、重量感がある(写真3)。サイズとしては、iPhone 8に純正ケースを装着すると、iPhone Xに近い(写真4)。iPhone Xにもケースを装着すると少し大きくなるものの、これまで4.7インチのiPhoneを使ってきた人の多くが許容範囲と感じるはずだ。

写真3●iPhone 8(左)よりiPhone X(右)のほうが厚く、重量感もある
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●純正ケースを装着したiPhone 8(左)と未装着のiPhone X(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8 Plusとの比較では、iPhone Xの5.8インチの画面はそれほど大きくは感じない(写真5)。これはiPhone Xの画面の縦横比が約2.2対1と、iPhone 8 Plusの16:9よりも縦長だからだろう。iPhone 8 Plusより大きな画面を期待するのではなく、横幅が78.1mmから70.9mmへとコンパクト化した点に注目すべきだ。

写真5●左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone Xのシルバー色は、本体背面はホワイトに近く、本体周囲のステンレスがアクセントになっている(写真6)。一方、スペースグレイ色も側面はステンレスだが、物理蒸着を用いた黒っぽい色になっており、落ち着いた雰囲気だ。

写真6●側面のステンレスがシルバー色
[画像のクリックで拡大表示]

 本体周囲のインタフェースは、従来モデルから大きく変わっていない。本体右側には大きくなった電源ボタンとSIMカードスロット、左側面にはマナーモードのスイッチと音量調整ボタン、底面にはLightning端子がある(写真7、8)。iPhone 7や8と同様、イヤホンジャックは搭載しない。

写真7●iPhone Xの右側面と左側面
[画像のクリックで拡大表示]
写真8●下面にはLightningt端子があり、イヤホンジャックはない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら