みなさん、モバイルしていますか?ITproで「モバイルライフ応援日記」を連載している伊藤浩一です。

 アップルよりiPhoneの新モデルが発表になりました。現状モデルの進化型であるiPhone 8/iPhone 8 Plusと、10周年モデルのiPhone X(テン)です。

 iPhone 8/iPhone 8 Plusは、現行モデルのiPhone 7/iPhone 7 Plusから大幅に強化されています。CPUとグラフィックの性能が向上し、スピーカーの強化やワイヤレス充電対応が図られており、本体は両面がガラス素材となっています。iPhoneユーザーとしては、ぜひ買い替えたいところです。

 iPhone Xは、とんでもなく素晴らしいですね。ベゼルレスの狭額縁デザインで、ほぼ前面全てがディスプレイ。頑なに10年間守ってきたホームボタンを廃止しました。まさに“iPhone革命”と呼びたくなるようなデザインです。

iPhone Xを見て最初に感じたことは「ホームボタンがなくなった!」でした
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

ホームボタンこそがiPhoneらしさ

 iPhoneの歴史はホームボタンの歴史だと思っています。音楽プレーヤーのiPodは、スクロールホイール(後にタッチホイール)というボタン操作のUIを搭載して、MP3プレーヤー市場を席捲しました。このシンプルなUIは、ハードディスク仕様のiPodから小型モデルiPod miniまで継承されました。ここから、タッチモデルのiPhoneおよびiPod touchへの移行に際に、ホイールを廃止してホームボタンへ移行しました。このホームボタンはタブレットモデルのiPadにも採用されました。

 ホームボタンは、操作が複雑になりがちなスマートフォンをシンプルなUIで使えるようにするとても良い機能だと思います。Androidなどほかのスマートフォンには3つ以上のボタンがあるなか、アップルはホームボタン一つにこだわってきました。機能アップに伴い、ボタンを増やしたいのが常だと思いますが、頑なに一つのボタンにしてきたのです。

 ホームボタンに関しては、個人的には不満点も多くありました。初期のiPhone 3Gではホームボタンの反応が悪くなってしまい、「ホームボタン周りを叩いてゴミを出す」という原始的な方法で、ボタンの反応を上げたりしていました。実際のところ、「電動歯ブラシを使ってホコリを出す」という笑い話のようなことも真面目にやっていました。修理で交換したこともあります。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!